お金を借りる方法は?

お金を借りる方法…って、どんなものが思い浮かびますか?

家族や親戚、友人に借りる以外ならば、あとはもう会社や企業に頼るしかないですよね。それらには、【フリーローン】【銀行系消費者ローン】【消費者金融】【クレジット】【信販会社】などがあります。もちろん、それぞれに貸与利率や方法などは違っています。

簡単に説明すると、【フリーローン】というのは、使い道が決まっていなくても借りることができるローンのことを言います。返済年限は最長で5年。最近はCMや広告などでも大々的に宣伝されていてますよね。

比較的、審査も簡単に通ることが多いようですが(会社によって違うけれど)、金利は割りと高めです。

【銀行系消費者ローン】は、銀行などの金融機関が元手としてお金を貸しているところのことで、比較的金利や安く、安心できるローンです。限度額も高めのようですよ。

【消費者金融】は、無担保、無利子でお金を借りることができ、しかも審査や手続きが簡単。即日簡単融資というのが特徴。どうしても「高利貸し」というイメージがありますが、最近は金利が10%以下になっているところも増えているようです。

【クレジット】は、クレジットカードのキャッシングでの借り入れですね。そして【信販会社】は、信販会社が提供するキャッシングです。

最近は、ネットでも簡単に借り入れを申し込めるので、楽になったといえば楽にはなって便利なのでしょうけど、でもその分、お金を借りるということの重大さが薄れてきているような気がします。

簡単に借りれるから、自分が使える限度以上のものを使ってしまうのが当たり前になってくるし、金銭感覚もおかしくなりますよね。
もちろん、お金を借りる理由というのは人それぞれで、本当に仕方なく…という方もいらっしゃると思いますから一概には言えないのですが、それでも軽く考えるのは危険です。

借りる以上に、返す事の方を重要視しないと。

返済の際も、最近ではコンビニなどにあるATMで簡単に返済できるようになっていますから、お金を借りる方法を考えると同時に、返済することも考えないといけません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。